So-net無料ブログ作成
検索選択

おしゃれアイコン [憧れるものや人]

ffa95783.jpg

この絵は、ポール・ゴーギャンの「我々はどこから来たのか,我々は何者か,我々はどこへ行くのか」である。
画面右部分には大地に生まれ出でた赤子が、中央には果実を取る若い人物(旧約聖書に記される最初の女性エヴァが禁断の果実を取る姿を模したとも考えられている)が、そして左部分には老いた老婆が描かれていることから、一般的には≪人間の生から死≫の経過を表現したとする説が採用されている。

ゴーギャンがこの絵を通じて言ったように、私も、森羅万象、はかなくて、移りゆくものだと思うからか、

例えばベルサイユ宮殿の庭とか
versailles640c.JPG

韓国のお城のような
1044142039.jpg
人間が、自然の流れに逆らって完璧に作り上げた人口的なもの、均整のとれたものには、あまり惹かれない。


それは、人に対しても同じで、時間の経過と共に崩れゆくような美貌やマネキンのようなプロポーションを持つ者よりも、個性や特徴が、黙っていてもむき出しになってしまうような、自分臭さのある人に惹かれる。



b0106921_4565933.jpg
勝手にしやがれのジーン・セパーグのクールな美貌[ハートたち(複数ハート)]
20070921_27248.jpg
20040925_JeanSeberg.jpg




f0140236_1452367.jpg


edie-sedgwick--large-msg-123959953665.jpg
 
イーディのもつ野生的で退廃的な美貌[揺れるハート]edie--large-msg-125253301391.jpg


news_twiggy_MainImageItems.jpg
ツィギーの個性やファッション、メイクなどかなり好き[黒ハート]
twiggy.jpg



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

RYO

ゴーギャンの絵については余りよく知らなくて、聖書からはかけ離れた世界をモチーフにしているのかと思っていました。
ゴッホの絵には、ハッとするような鮮やかさと緊張感が感じられるのですが、ゴーギャンには、なんとなくおおらかさというか包容感というか、安心感みたいなものを感じていました。それが旧約聖書の戒律からはかけ離れているような感じをもっていましたから…。
しかし、絵のタイトルは、宗教が扱うテーマそのものですね。

MIHOさんのセンスの良さには、私はついていけないところがありますが、コメントは、自分なりの感性で、なるほど…と思って読んでいます。ストレートな感じがいいです。ストレートに出せるMIHOさんもいいです。

私の好きな絵は、ユトリロかな。
白い絵、人が描かれてない街の絵、人を描くと下手くそなユトリロ…

こんな私ですが、ツィギーは大好きですね。このころの欧米の文化は、不思議なくらい懐かしさを感じます。
by RYO (2010-03-27 23:27) 

miho

ユトリロですか・・・
初めて聞きました
今度調べてみてみます
by miho (2010-04-06 00:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。