So-net無料ブログ作成

バーキン・バーキン [好きなアーティスト]

「バーキン」と聞いて、まず思い浮かべるのは、かの有名なエルメスのバーキン
バーキン.jpg
私も世の中の女性同様に、シンプルで素朴でいながらも、柔らかみや温かみのあるこのバックにあこがれる[黒ハート]
バーキンにあこがれるもう一つの理由は、バックの名前の由来である ジェーン・バーキンにもあこがれるから。
51adLcVgrnL.jpg
エルメスの「バーキン」は、エルメス社の社長が偶然飛行機でバーキンと隣り合わせた際、バーキンが籐のカゴに無造作に物を詰め込んでいるのを見て、何でも入れられるバッグを彼女に贈ったものが最初と言われている。
e0028252_11495184.jpg
f0039379_207078.jpg
428_1.jpg

若かりし頃の彼女のファッションや独特な雰囲気は、とても素敵[ハートたち(複数ハート)]
c0222662_1224989.jpg

51-PaiRO99L.jpg

素敵に年を重ねた彼女は、まるで籐バックを扱うように、「バーキン」を使いこなしている。
090414-3.jpg

こんな素敵に、年を重ねたいものだ[黒ハート]

ふぞろいな「とうもろこし」 [私の絵]

とうもろこし.jpg
こちらは、だいぶ昔に描いた水墨画。
「とうもろこし」を描きました[るんるん]
とうもろこしの実は、遠めにみると同じようなものだけど、よく見れば大きいのや小さいの四角いのや丸っこいのと一粒一粒ふぞろいで、それが、人間みたいで、面白いな[ー(長音記号1)]
なんて、思いながら、楽しく描いた作品です[ハートたち(複数ハート)]

青の洞窟 [私の作品]

青の洞窟.jpg

青の洞窟(Grotta Azzurra)とはイタリア南部・カプリ島にある海食洞であり、観光名所。
私は行ったことがないけど、きっとこんな感じだろう!なんて勝手にイメージして平皿を作ってみました[ぴかぴか(新しい)]

皿.jpg

なんちゃって 江戸切子 [私の作品]

江戸きり子.jpg

江戸切子は、ガラスをカットすることで、模様をつける日本の伝統工芸品だけど、私がそんなもの作れる訳もなく、ガラスを研磨する砂を強く吹きかけることで、模様部分を削り取り出来上がった作品。
もちろん、オリジナルな一点物[黒ハート]
冷酒を飲むときに使っています[黒ハート]

あったかニット帽 [私の作品]

マフラーの余った毛糸で、おそろいのニット帽をつくりました[ハートたち(複数ハート)]
茶帽子.jpg
マフラーと編み方も同じにし、おそろい感が出るようにしました[ハートたち(複数ハート)]


こちらは、家にあった毛糸で作りました。
紺色は、下手をすると、トウのいった学生に見えかねる危険性があるので、あえて裏編みを表にし、着慣れたというか、体になじんだ風になればいいなあと・・・
青ぼうし.jpg

2wayマフラー [私の作品]

ナチュラルな色合いの茶色の毛糸で、2wayに使えるマフラーを作りました。
「ユザワヤ」で一玉100円くらいで、特売していた毛糸です[わーい(嬉しい顔)]

2wayといっても、長い長い筒になっているだけの代物です。
うんと、寒いときは、4重にぐるぐる巻き[ぴかぴか(新しい)]
マフらー.jpg

あまり寒くないときは、2重・3重に巻いて、自然なドレープを楽しんでいます[るんるん]
マフラー.jpg

 [私の絵]

絵は、「日本習字」で習っている。

将来的には、友人と教室を開くのが夢のひとつ[リボン]
今回は、ちょっと前に描いた「竹」
絵は色々描くけど、植物や動物など、生きているものを描くのが好き[黒ハート]
とりわけ竹はまっすぐで伸びやかなところがいい
人間かくありたいものという願いを込め、思い切り伸びやかに描いた作品[ぴかぴか(新しい)][グッド(上向き矢印)]竹.jpg

赤いゴーギャン [私の作品]

ポストカードは「ゴーギャン展」で購入したもの。
ゴーギャンは、タヒチ以前と以後では、同一の人物が描いたとは思えぬほど、作品の色、雰囲気、香りが違う。
タヒチに移ってからの彼の作品の、あの鮮やかな南国独特な色使いと、それに対比するようなどこか傍観者的な視線に惹かれる。

100円均一で買ったシンプルな木のフレームに自分で赤くペイントを施した。
ぎこちないペンキの塗り方が、フレームの中にあるタヒチ時代を代表するゴーギャンの絵にマッチしたらいいなと願いを込めて[ひらめき]
CIMG2066.JPG

blue on blue [私のお花]

お花は、会社の休み時間に「草月流」の活け花を習っています[リボン]
http://www.sogetsu.or.jp/

今回のお花は「blue」 といっても、寂しい青じゃなく、初夏を思わせるはじけて元気な感じを出したくて、あえて花器も同色の青でそろえてみた。黄色との対比を強調した作品。

[exclamation]_1.jpg
出来上がりを見ると全体的にちょっと硬くて、遊びがないかなという気がする。
[ふらふら]
植物を扱うとき、作りこみすぎはいけないかなと、ちょっと反省の作品[バッド(下向き矢印)]

南国チック [私のお花]

全部グリーンで、ぱっとした華やかさはないけれど・・・2009_7_14_.jpg

シンプルで、大胆で生命力ある仕上がりとなった。
クーラーで冷え冷えしたオフィスに南国がやってきたようだ[exclamation×2]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。